効率的な賃貸情報の調べ方

調べ始める前にすべきことがある!

昨今はインターネットを使えば手軽に誰でも情報が見られますので、賃貸情報を調べる時はまずWEBを利用するという方が大半をしめることでしょう。しかし、星の数ほどある物件を全て見るのは大変難しく、非効率的な調べ方になってしまう恐れがあります。
こんな時はまず検索をし始めるのではなく、自分が物件を借りるにあたって優先すべき事項を書き出していきましょう。家賃は幾ら以下におさえるか、駅から徒歩何分以内を希望するのかの他、バス・トイレは別のものがいいのかといった様々な要素があります。「必須」「できれば」といった区分で構いませんので分類していきます。なお、物件探しに慣れた人であればすぐに色々と考えられるかもしれませんが、初めての場合は、手始めに物件の情報を幾つか参照しながらイメージを膨らませてみましょう。二階以上を希望するならエレベーターは必要なのか、といった細かい部分に気が付くことができますよ。

条件を元にインターネットを利用して探そう!

条件の洗い出しが済んだら物件をインターネットで探してみます。予想以上に簡単に見つかることもあれば、反対に全く希望の物件が見つからないこともあります。その傾向をある程度理解した上で続いて不動産屋に赴くのではなく、問い合わせのメールを出しましょう。と言うのも、地域密着型の小さな不動産屋から、日本各地にある全国規模の大手まで沢山の企業があります。この中のどこが親身になって対応してくれるか判断するために、まずはメールで幾つかの不動産屋に打診をしてみることがおすすめなのです。希望の条件を明記してその返信内容を確認し、最も丁寧に対応してくれそうだと判断した不動産屋に行って相談しましょう。
規模が小さな不動産屋だと不安に感じる人もいるかもしれませんが、地元でしか情報が出回っていない優良物件を抱えていることもありますし、入居後も世話をしてくれるような企業もありますので、そういった判断を下すためにもメールを利用した打診が最も効率的なのです。